石獅子

何度も現地を訪問し聞き取り調査をかさねてきた奮戦記!

石獅子と出逢えば沖縄がわかる! いつ誰が何のために作ったのか。
なぜこんなふざけた顔に。いや、むしろ格好いいー!


知られざる沖縄の守り神・石獅子の魅力をおもしろく、かつまじめに紹介する前代未聞の石獅子エッセイ。

味わい深い石獅子たちの写真、ほんわか手書き地図&イラスト満載。
沖縄文化の神髄・シーサーのルーツがここに。

やさしさとテーゲーが織りなす沖縄の村落獅子の世界へようこそ。


石獅子

観光地でもなんでもない沖縄の集落(シマ)のところどころに居る、目立たないけれどとっても大切な守り神。

気にして探さないとまわりの風景と同化して、つい見過ごしてしまう謎の多い存在。
たまに土の中から発見されるし、海に沈んでいたり、誰かが連れ去ってしまうこともある。
ときにみんなから忘れ去られていても、じっと集落を見守っているあいつ。

過度な装飾はなくて気取らないスタイル。
動物のような、人間のような、たまになにがなんだかわからない。
素朴なたたずまいにもかかわらず、並外れた存在感。
それが沖縄の石獅子。もしくは村落獅子。まとめて村落石獅子。

私たちは、その石獅子に、心を奪われた夫婦なのです。
夫・若山大地はその影響で石獅子制作を始めてしまいました。

そしてもっといろんな人に石獅子を手軽に見ていただき、石獅子の魅力、感動を少しでも知ってもらえたら嬉しいなという気持ちで「スタジオde-jin」を立ち上げました。

制作した石獅子の販売とともに、私・若山恵里は、沖縄県内の石獅子を探し歩くようになりました。 (「石獅子と出逢えば沖縄がわかる」より)


石獅子


石獅子

●A5判192ページ

●若山恵里 著

●著者略歴
若山恵里(ワカヤマエリ)
1979年滋賀県生まれ。2002年沖縄県立芸術大学彫刻専攻卒業。2003年沖縄県立芸術大学研究生終了。2004年沖縄県立芸術大学助手離職。2011年若山大地(夫)と「スタジオde-jin)構える。2016年「琉球新報副読誌かふう」にて「石獅子探訪記」連載開始。
2022年訪ね歩いた石獅子およそ130体。まだまだ探索中。

  

若山恵里 エッセイ「石獅子探訪記」

価格: ¥2,640 (税込)
[ポイント還元 79ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

ページトップへ