ポップアップ

【書アーティスト  書浪人 善隆 オリジナル作品】



<プロフィール>出身地 沖縄県石垣市
<略歴> 2004年 天皇皇后陛下沖縄ご訪問の際に、行幸先のご休憩室の書の依頼を受け、両陛下にごあいさつ/2013年 第35回國際書画展にて初入選/ 22018年 日本のデザイン書道家100に選ばれ、2020年、書アート作家として20周年を迎える
<HP情報>http://www.syoronin.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
宮本武蔵の素浪人にあやかり、書の浪人、書浪人善隆と命名。幼少のころの最高の遊び相手だった石垣の自然が師匠になっていることに気付く。筆から躍り出てくるような躍動感のある書体。己の感性のみを信じて書き上げてゆくその姿は武士道に相通じる「気」さえも感じます。「書アート」を軸に型にとらわれないアート活動を展開中で個展や様々なイベント・サロン活動は県内外に留まらず、イタリアフィレンツェにおいての「書」パフォーマンスは絶賛でした。


◎書浪人 善隆さんが描く、アマビエの沖縄版厄除け。4種類。

【白澤厄祓御札】
現存する最古の琉球絵画と呼ばれているのが、白澤の絵。中国で誕生した神獣で、災いから守る厄除けの存在として、琉球の人々の間に伝えられてきた。顔に3つの目、胴体の左右の片腹に3つずつ、合計9つの目をもってして邪気を払ったとされる。

日本玩具博物館の資料によれば、『「安政午秋頃痢流行記」の奥付には「白澤之図」が掲載され、この絵を枕に添えて寝ると、悪夢を見ず、邪気を払い疫病を除いてくれると記されている』との記載がある。首里城火災の時にも消失を免れ、現存している。

その白澤に沖縄の風水のフーフダを合わせたこの御札(フーフダ)でコロナなどの邪気を乗り越えよう!との思いを込めてデザインしたシリーズ。

■白澤厄祓御札 ステッカー ¥990 

善隆
サイズ;W7×H17.5cm


■白澤厄祓御札 黒額 ¥3,300

善隆
善隆
善隆
善隆
サイズ:W16×H21cm


■白澤厄祓御札 琉球赤瓦置き札 ¥7,700
鳩間の赤瓦に琉球和紙のお札。しめ縄は左巻きで結界を張っています!

善隆
善隆
善隆
サイズ:W13×H11cm


■白澤厄祓御札 うちわ 平柄  ¥1,650

善隆
善隆
善隆
善隆
サイズ:一番大きいところW16cm




【書浪人 善隆】白澤厄祓御札シリーズ

価格: ¥990 (税込) ¥7,700 (税込)
[ポイント還元 29ポイント~]
数量:
種類価格在庫購入
ステッカー¥990(税込)22個
黒額¥3,300(税込)1個
琉球赤瓦置き札¥7,700(税込)2個
うちわ A¥1,650(税込)在庫なし
うちわ B¥1,650(税込)在庫なし
うちわ C¥1,650(税込)在庫なし
うちわ D¥1,650(税込)在庫なし
うちわ E¥1,650(税込)在庫なし

返品についての詳細はこちら

レビューはありません

twitter

関連商品

CODE RED:アオウミガメ

¥3,850(税込)

紅gura 芍薬

¥3,960(税込)

数量:

紅pana(ビンぱな)  

¥4,180(税込)

数量:

ページトップへ