ハイサイ

1970年代、沖縄の若者達はウィスキーをこよなく愛していました

1972年に本土復帰するまでの沖縄はアメリカの統治下にあり、通貨もドルを使い、戦後27年間は食文化もアメリカの影響を色濃く受けました。もちろん、お酒も戦前とはがらりと変わり、戦後の沖縄はウイスキーなどの洋酒が圧倒的な人気を博しました。人々は洋酒になじみ、復興とともに増えていくスナックなど飲食店などでも、取り扱う酒はすべて洋酒という時代が長く続きます。しかし、本土復帰とともに価格も値上がりしていたため、徐々に人気は下降線をたどっていきました。


70年から80年代にかけて、58号線沿いのある場所に某ウィスキーのシンボルキャラクターの巨大人形が設置されていました。


ハイサイ

ハイサイ

model:175cm L size
ラグラン袖で横幅もたっぷりあるので、ゆったり着られますが、肩幅がある方は注意が必要です。

ハイサイ

model:155cm S size
サイズは男女兼用のSサイズからとなっている為、身長が低くて細い方には不向きです。

■FULL VIEW 

<ハイサイ

■作家さんコメント
80年代になると県外の大手居酒屋チェーン店も数多く沖縄に進出しており、ほぼ時を同時に出たのが、いわゆるグリーンボトル泡盛です。このグリーンボトルを大手の居酒屋がどんどん採用していったのが80年代です。こうなると、これまで洋酒全盛だった沖縄県民の嗜好にも大きな変化が訪れてくるのです・・・。


ハイサイ

ハイサイ

■担当者のコメント
子供の頃、ドライブに連れて行ってもらいながら、しばらくすると車内から見えてくる巨大な英国風オジサンが目の前に突如現れてきたのを思い出します。土地勘のない子供ですので、目立つ建物などを目印に距離感を感じていましたが、特に印象付いているのがこちらの巨大人形です。今にも歩いてきそうで怖かったな~。



■素材:綿100%
■カラー:ブラック×ホワイト(ラグラン袖)


國吉和夫

ハイサイWhiskyおじさん

価格: ¥3,564 (税込)
[ポイント還元 106ポイント~]
数量:
サイズ在庫購入
S在庫あり
M在庫あり
L在庫あり

返品についての詳細はこちら

twitter

サイズ表1213

ページトップへ